ヴォ―ジュ広場

ホテル ドゥ・ラ・プラス・デュ・ルーブルがこの魅力ある王家の広場、公園、ブティックとアートギャラリーをマレ地区散策をする前にご紹介いたします。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 42 33 78 68 Coût des appels locaux
place des vosges

アンリ4世の命により作られた、パリの歴史ある場所、ヴォ―ジュ広場は今日パリ市立美術館であるヴィクトル・ユーゴ―の家も含め数多くの私邸が立ち並んでいます。

ヴォ―ジュ広場 

本来、この場所は織物生産の重要拠点になるはずだった場で、その未来の工場の従業員用住居を数多く有していました。

工場の代わりに資産家たちはこの人気地区の貴族を引き付ける贅沢な邸宅を作らせました。1605年にアンリ4世がドーフィンヌ広場に次ぐパリで最も古い王立広場を建設しようと決めたのがまさにこの場でした。南側には王の館が高く際立っており、私邸を囲む形で王妃の館の正面にそびえ立っています。1615年にはこの広場でアンリ4世の後継者ルイ13世とアンヌ・ドートリッシュの婚礼の儀が行われました

広場の名はその時代の政府によって配置された最初に税金を払うフランス北西部の地方の名前を参照したものです。ホテル ドゥ・ラ・プラス・デュ・ルーブルからも近いこの広場は赤レンガのファサードと中央の公園、木々に囲まれ、ジャン=ピエール・コルトによって考えられた4つの噴水が配置されたルイ13世の中庭で特徴づけられています。広場は1954年より歴史的建造物に指定されています。

ヴィクトル・ユーゴーが生活したアパートを訪問する前にブティックやアートギャラリーが立ち並ぶア―ケードの下を散歩しながら広場を一周することもできます。

ヴィクトル・ユーゴ―邸

ヴォ―ジュ広場6番地にはフランス文学の巨匠、ヴィクトル・ユーゴーが生活したアパートがあります。ユーゴーはジャージーとガーンジー流刑前の1832年から1848年の間ここに居住し、「薄明の歌」と「リュイ・ブラース」を執筆しました。アパートに該当する場所は現在はパリ市の美術館になっており企画展以外は入場が無料です。この場所の見学は作家の私生活に入り込むのを可能にし、印象的な装飾でヴィクトル・ユーゴーの詩的な世界を際立てています。

スタッフのイチオシ

オー・シャン・キ・フューム
« パリの生活シーンを彷彿させる犬のオブジェや絵画で飾られたオリジナルのインテリア。料理は昔ながらのパリ料理のレシピを提案。 »
33, rue du Pont Neuf – 75001 Paris
Tél : 01 42 36 07 42
ウェブサイトを御覧ください
フェリーニ
«ルーブルから至近のおいしいパスタとイタリア名物料理を出してくれるレストラン。おもてなしとjazzyな雰囲気に満足。»
47, rue de l’Arbre Sec – 75001 PARIS
Tél: 01 42 60 90 66
ウェブサイトを御覧ください