カル―セルとルーブル美術館

ルーブル宮の正面に位置したホテル ドゥ・ラ・プラス・デュ・ルーブルは世紀の芸術、歴史、建築を通して世界で最も偉大な美術館の見学に理想的な出発ポイントです。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 42 33 78 68 Coût des appels locaux
le carroussel et le musée du louvre

ルーブル美術館はその歴史、美しさ、美術作品のコレクションの名声の点からもパリ観光で見逃せない場の一つです。文化的な見学の後にはショッピングや食事が楽しめる地下階のカル―セル・ドュ・ルーブルに行くのがおすすめです。

ルーブル美術館

表面積200 000 m²に及ぶ、その広さからいっても世界で最も大きな美術館として知られるルーブル美術館は同時に入場客が年間900万人以上に及ぶ世界で最も訪れられている美術館です。

美術作品の豊富なコレクション8つの部門に分けられたで古代文明から1848年までに及びます。例えばイスラム美術、古代ギリシャ・ローマ美術、とりわけ最初にヒエログラフを解読したシャンポリオンに託したコレクション、1831年にエジブト王からフランスに送られたコンコルドのオベリスクによって実現された調査の内容を含む古代エジブト部門などがあります。

美術館は一日ですべてを見学するのは難しいほど広大です。入場待ちの長い行列を避けるには、夜間見学での訪問をおすすめいたします。同時に日暮れ後にはライトアップされた建物と建築家イオ・ミン・ペイのガラス張りのピラミッドの素晴らしい眺めを満喫することもできます。

美術館の見逃せない作品の中にはルイ18世によって購入された世界で最も多くの人に見られている、謎の微笑みが有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」があります。その他の有名な作品といえば、もちろん高さ5メートルに及ぶ、堂々たる古代ギリシャ彫刻の「サモトラケのニケ」は見逃せません。そして「ミロのヴィーナス」が見事な表情によって常に群衆を引きつけています。

カル―セル

リヴォリ通りに位置し、カル―セル庭園の下、地下階にあるカル―セル・ドュ・ルーブルはルーブル美術館はもちろんのこと当ホテルからも近い、広大な空間です。

カル―セル・ドュ・ルーブルは以下の施設を収容しています :

  • ルーブル美術館入口とエコール・ドュ・ルーブルの数ある講堂(ホール)
  • 有名ブランドも含む日曜営業の商業施設
  • インターナショナルな幅広いレストランが選べるフードコート
  • Viparis社によって運営されている展示会専用スペース
  • パリの城壁を展示する考古学スペース。

スタッフのイチオシ

ラシーヌ 2
«定食屋の長いテーブル、バロック調の照明、石切積みの壁が特徴的なスタルク監修のインテリア。洗練されたフランス料理を提案 。 »
39, rue de l'Arbre Sec – 75001 PARIS
Tél: 01 42 60 77 34
ウェブサイトを御覧ください
ル・フュモワール
« ルーブル宮のコロネード(列柱)の正面に位置したレストラン。広々としたコージーな空間でオシャレなビストロ料理を堪能できます。本棚には自由に読める多数の本を用意。 »
6, rue de l’Amiral de Coligny – 75001 PARIS
Tél: 01 42 92 00 24
ウェブサイトを御覧ください