ピカソ美術館

ピカソ作品の世界で最も重要なコレクションはマレ地区の象徴とも言える私邸、サレ館に収蔵されています。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 42 33 78 68 Coût des appels locaux
le musée picasso hôtel de la place du louvre

ホテル ドゥ・ラ・プラス・デュ・ルーブルがピカソによって作られた5000点以上の作品や個人コレクション(マティス、セザンヌなど)などピカソ作品の豊かさを皆様にご紹介いたします。


美術館の歴史

ピカソの死去の一年後、1974年よりピカソの遺産の付与は迅速に行われました。この美術作品取得の制度は国にピカソの多くの作品を収集し、展示の場で保存することを可能にしたのです。そして、選ばれた場所は当ホテルからも近く、歴史的建造物にも指定されているパリ市所有の建物、サレ館(この館の持ち主であった塩税徴収官を記念した建物)でした。サレ館はマレ地区の最も傑出した私邸の一つです。まず、この場所が選ばれたのは第一に資産整理の一つの選択肢でした。また、ポンピドゥーセンターの建設の傍らで、ピカソの作品もそれと同様に歴史的かつ近代的な場所で影響を及ぼさなければいけなかったのです。そしてこの建物は、1979年より私邸内に国立ピカソ美術館を設置するプロジェクトを勝ち取った建築家シモネによって修復されました。この館を引き立たせた建築的に成功した修復とピカソの作品はうまく調和しています。美術館は1985年に落成されました。


改築とコレクション

25年に渡る歴史を後に、ピカソ美術館は美術館を総体的に再構築する為の改築に着手しました。2014年に開館した美術館は新しい見学行程を可能にし、同時に異なるサービスにより活気ある場になりました。改築のおかげで、年代・テーマ別の行程を通して数百に及ぶ作品を見学できる展示スペースを倍にすることもできました。国立ピカソ美術館のコレクションは多様な作品によってピカソの制作工程およびアーティストとしての道のりを知ることができる稀にみる至宝と言えるでしょう。

 

スタッフのイチオシ

オー・シャン・キ・フューム
« パリの生活シーンを彷彿させる犬のオブジェや絵画で飾られたオリジナルのインテリア。料理は昔ながらのパリ料理のレシピを提案。スペシャリテの一つは「牡蠣と貝の盛り合わせ」です。 »
33, rue du Pont Neuf – 75001 Paris
Tél : 01 42 36 07 42
ウェブサイトを御覧ください
イエローコルネール
«オリジナルな写真作品を自分にプレゼントしたいと思いませんか?イエローコルネールは若いアーティストやベテランアーティストの写真作品をセレクト、提案しています。またギャラリー内で芸術写真を大衆化するのに一役買っています»
8, rue des Francs-Bourgeois – 75003 PARIS
Tél: 01 49 96 50 23
ウェブサイトを御覧ください