シャトレ - レ・アル

パリの中心に位置し、旧卸売市場があった場所に建設された文化・商業施設「ラ・カノペ」のあるシャトレ - レ・アルはパリの活気のある地区のひとつです。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 42 33 78 68 Coût des appels locaux
la canope

ホテル ドゥ・ラ・プラス・デュ・ルーブルがパリの中央部に位置し地下商業複合施設や多くのカフェ、小さな中庭などのある活気のある地区、シャトレ - レ・アル界隈をご案内いたします。

シャトレ

シャトレ広場は東側に サン・ジャック塔 があり、シャンジュ橋の北側に位置するパリの中央広場です。広場の中央にはナポレオン1世の勝利を記念した「デュ・パルミエ」という名の噴水がそびえ立っています。広場は昔の城塞の「ル・グラン・シャトレ(堡塁)」でした。今日は広場を囲む2つの劇場のあるスペクタクルの主要地です。一つ目は今日シャトレ座として有名なシャトレ帝国劇場。ユーモラスな演目から映画やコメディミュージカル、バレエまで幅広いプログラムを提供しています。この劇場はオスマン男爵の依頼でガブリエル・ダビウにより建設されました。二つ目は同じ建築家によって建てられた市立劇場。こちらの劇場は音楽、ダンス公演のプログラムを提案しています。

レ・アル地区

19世紀にナポレオン3世は建築家ヴィクトル・バルタール12世紀から続くパリ中心部の巨大な生鮮市場であるパリ中央市場を収容する為に鉄と鋳鉄そしてガラスで作られた12のホールを建設するよう命じます。1960年には中央市場は巨大ショップングセンター、フォーラム・デ・アル世界でもっと巨大なシャトレ - レ・アル地下鉄駅へのアクセスを作る為に取り壊されました。2016年にはフォーラム・デ・アルはラ・カノペ計画の実現と共に新しく生まれ変わりました。5年に渡る工事を終え、フランスで2番目のショッピングセンターは18000個もの葺き材を使用したその屋根の下に誕生しました。ラ・カノペの裏側にはパリの中心に4ヘクタールの緑地を有し、2013年に死去したネルソン・マンデラ氏を記念したネルソン・マンデラ公園があります。公園はゴシック建築とルネッサンス装飾のパリで最も美しい教会の一つであるサン=ウスタッシュ教会を引き立たせています。

ラ・カノペの近くにはイノセント公園とイノセントの泉もあり、パリ市民の憩いの場です。

ホテル ドゥ・ラ・プラス・デュ・ルーブルからも近いこの地区内にあるロンバ―ル通りは活気のある通りです。多くのジャズクラブがあることで有名です。

スタッフのイチオシ

オー・シャン・キ・フューム
« パリの生活シーンを彷彿させる犬のオブジェや絵画で飾られたオリジナルのインテリア。料理は昔ながらのパリ料理のレシピを提案。 »
33, rue du Pont Neuf – 75001 Paris
Tél : 01 42 36 07 42
ウェブサイトを御覧ください
ラ・ドログリー
«多数のリボン、ビーズ、そして創作やアレンジに必要な材料などの豊富な品揃えに感動するまさに宝石箱のようなお店です。»
9, rue du Jour – 75001 PARIS
Tel: 01 45 08 93 27
ウェブサイトを御覧ください